時給の高さと雰囲気の考慮が大切

ファーストフード業界に比較的新しく参入してきたすた丼は、学生にとって人気の高いアルバイト先として注目を浴びている。その代表的な魅力として挙げられるのが時給の高さであり、900円から950円程度を最低ラインとしていることが多い。それに加えて昇給も頻繁にあることから、少し働いているだけで時給が1000円に到達することも珍しいことではないのである。
こういった魅力があるにもかかわらず、キッチンとホールという基本的なファーストフードと変わらないシステムで現場が動かされているようだ。そのようなことから、多くの学生にとって、より稼げるファーストフードのアルバイトとして人気が高まっている。
しかし、いい意味で個性的な雰囲気があるというのも特徴であるため、それに肌が合わずに辞めることになってしまうということも稀ではない。人気が高いことから採用されるのが難しいものの、それを切り抜けたにもかかわらず辞めることになってしまうのは、本人にとっては残念極まりないはずだ。そういった事態に陥らないためには、応募をする前からすた丼の雰囲気をよく知っておくことが重要になるだろう。時給が高いという事実や噂だけで応募してしまうと、その現場の活気に圧倒されてしまうこともある。
一度はお客として足を運び、その場の空気に触れてみることが重要だ。その活気の良さを心地よく感じられる人には、働きやすい環境になるだろう。しかし、それが辛く感じられる人には、時給が高くともきつい労働となりうる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です