すた丼で調理の腕を磨く

すた丼では、ホエー豚を使った秘伝のレシピが、ごく少数の人間にしか知られていないことでも有名だ。実際に働いているスタッフであっても、秘伝のレシピの内容を知ることはなく、40数年の歴史において受け継がれてきた秘伝の味といえる。そのため、アルバイトであっても調理の技術が高ければ、調理補助からスタートして調理担当になることが可能だろう。
すた丼の味は火力の強さが味の決め手になっているため、料理のカンを磨くことができる。料理学校に通って調理師の免許を取得するよりも、実際にのれん分けの制度があって将来的に店舗拡大を見込める優良な企業にアルバイトとして入り、実践を積んで独立するほうが現実的だ。また、実力をつけることもできる。
すた丼は、前職や職歴に関係なく人材を募集しているようだ。簡単な調理や接客からトレーニングを積むことができるため、将来店舗を構えたときに迷うことなく対応することができる。また、必要なものをピックアップして準備できるスキルを身につけることもできるだろう。新鮮な素材でおいしい料理を作り、お客さんの満足した顔をみながら働ける。休みもシフト制のため、比較的とりやすくなっているので、長く働く場所として最適だ。
正社員に登用されたり、店長として活躍できるチャンスもある。のれん分けをする時にも、実績に応じて援助をしてもらうことのできる制度も整っているのだ。努力した分だけ評価してもらうことができ、やりがいが見いだせるだろう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です